FXとは?

FXの意味

外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことを意味します。

FXの利点

■少ない投資金額で始められる。
レバレッジを活用して少ない金額でも大きな取引が出来ます。
例えば、1ドルが100円の時に1万ドル購入するとしたら、通常100万円の資金が必要ですが、FXではレバレッジを50倍に設定するとたった2万円で取引する事が可能になります。

【レバレッジ】についてはこちら

■手数料が安い
手数料無料のFX業者がほとんどですが、スプレッドについては会社によって違いがあります。

【スプレッド】についてはこちら

■24時間取引可能
株など「市場が開いている時しか取り引きできない」金融商品と違い、FXは世界各国で常に取り引きされている為、基本的に24時間いつでも好きな時に取引が出来ます。

FXで得られる利益

■キャピタルゲイン(異なる通貨を売買して得る利益)
例えば、1ドル100円の時、1,000ドルを100,000円で買ったとします、円安で1ドル110円になった時、手持ちの1,000ドルは110,000円で売る事が出来るので、10,000円の利益を得る事になります。
逆に円高で、1ドル90円になった時は、手持ちの1,000ドルは90,000円となり損失を被る事になります。

■インカムゲイン(高い金利の国の通貨を保有して利息で得る利益)
例えば、日本の金利が0.5%で、ドルの金利が5.5%の時、ドルを買うと、「5.5%−0.5%=5%」なので、ドルの通貨を保有している時は5%の金利がもらえる事になります。
逆にドルを売って円を買った時は、5%の金利を支払う事になります。
この金利差をスワップポイントと言い、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

【スワップポイント】についてはこちら